鉄板焼きは、鉄板の上でお肉やお魚、野菜などを焼いて食べるお料理です。東京にはたくさんのおいしい鉄板焼きのお店があります。その種類はとても多く、ステーキや焼き肉、魚貝類、串焼き、お好み焼き、もんじゃ焼き、創作鉄板焼きなど様々なお店があります。鉄板焼きの歴史は、もともと直火焼きで調理していたのが、薪を使ったかまどになり、江戸時代には七輪が使われるようになりました。

鉄板を使ったお料理は、お好み焼きやもんじゃ焼きが食べられるようになった戦前の頃から広まったとされ、また戦後の混乱の中で、闇市や屋台で鉄板が使われていたといわれています。東京では世界中のあらゆる食べ物やお料理、お店があります。食べ物の素材の質や味のレベルが高いことでも評価されています。鉄板を使ったお料理は複雑な工程のお料理というよりも、素材の新鮮さやおいしさを追及するものが多く、お肉や魚貝類のこだわりをお店の売りにしていることがあります。

またお好み焼きやもんじゃ焼き、焼きそばなどを気の合う同士でワイワイ食べてお酒を飲むといった、手軽なイメージもあります。こだわりの食材でおいしく食べることや、手頃な値段のお料理を楽しく食べるなど、東京ではあらゆるタイプのお店があります。場所もホテルや高級レストランから、庶民的なお好み焼き屋さんや居酒屋など、好みやシチュエーション、雰囲気に合ったいろいろな鉄板焼きのお店があります。またお酒の種類も様々で、食べて飲んで思う存分楽しめます。

鹿児島牛の焼肉セットの通販のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です